時短料理のコツ│野菜の献立・メニューをラクして増やす方法

「時短料理」を土台から整えて、働くママのゆとりを生み出す『すまーときっちん』の時短アドバイザー佐藤智実です。

 

忙しいとついつい不足しがちな「野菜」。

健康のためには、毎食たっぷり子どもにも食べさせてあげたいけれど、忙しい夕方はママにとって戦場!

たくさんの食材を扱うのは、大変ですよね。

 

そこで今回は

野菜の献立をラクして増やす方法

をご紹介します。

時短料理のコツ│野菜の献立をラクして増やす方法

野菜料理をラクして増やすためにおすすめなのは、「下ごしらえ」です。

 

下ごしらえ

と聞くと、

  • 面倒
  • 時間がかかる

と思われがちですが、実は手間をかけずに下ごしらえするコツがあります。

 

時短料理のための下ごしらえのコツ

それは、

ついで下ごしらえ

 

何か野菜を出した時に、「ついでに」同じ野菜を切っておいたり

まな板を出した「ついでに」他の野菜も同時に下ごしらえをしてしまう、という方法です。

 

例えば、

  • キャベツを使う時に、翌日使う分まで切っておく
  • 残った野菜を、使いやすい状態にしておく

など、ちょっとした下ごしらえをしておくだけで、夕飯づくりがグッとラクになり、野菜を手軽に摂れるようになります。

キャベツレシピ・キャベツ時短レシピ・キャベツ活用・キャベツ時短

 

例えばこちらは、下ごしらえ講座にお越しのお客様の声です。

野菜を洗ってカットしておくだけでサラダの一品になることを講座で教えていただいてから、毎日サラダも食べられるようになりました。

手軽にお野菜もとれて品数も増えて健康的な食卓になりました!

仕事後に一から夕食を作るのはツライので、多めに作ったりして、次の日のおかずにあてたり。

毎日あっという間ですが、復職してからも睡眠時間も削らずストレスなく過ごせています!

このお客様の声全文はこちら↓

一日単位で夕飯を作ろうと思うと、作業の種類が増えて時短しにくいですが、「ついでに」「まとめて」と考えるだけでも、グッと時短できますね。

 

また、下ごしらえをした野菜があれば、夕飯だけでなく、忙しい朝のお弁当作りの味方にもなってくれます。

下ごしらえをするようになったら何より朝がラクになったんです!!

これまで茶色一色だったお弁当に、下ごしらえしておいた野菜をパッ!っと入れられるようになって。

赤を入れたら緑も入れたくなったりして。手間をかけていないのにすごく彩り良く作れるようになりました。

こちらのお客様の声全文はこちら↓

時短になるだけでなく、お弁当や食卓が、彩り豊かにバランスよく華やかになるのは嬉しいですよね。

まとめ

忙しい夕方や朝に、毎日毎日イチから

野菜を

  • 出して
  • 洗って
  • 切る

というのは、とても時間と手間がかかる作業ですよね。

 

これを、少しでも余裕のある時間帯にしておいたり、何かの「ついで」にしておくだけで

忙しい夕方や朝、負担に感じていた

  • 野菜の出し入れの手間
  • まな板・包丁の管理
  • 切る時間
  • 作業スペース

などが減り、

様々なゆとりを生み出すことができます。

 

ぜひ一度、「明日のために、ついでにできる下ごしらえはないかな?」と探してみてはいかがでしょうか?

 

3日後も美味しい下ごしらえや5分でできる手軽な下ごしらえの方法をご紹介しています。

金沢での対面講座の他、オンライン講座も募集中です。



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント