三角コーナーより快適!キッチン掃除がラクになる「ヌルヌルしない生ゴミ入れ」

育休&ワーママのゆとりが叶うすぐ楽キッチン時短術!

時短料理教室【すまーときっちん】の時短アドバイザー佐藤智実です。

 

生ゴミを入れる三角コーナー。

すぐにヌルヌルして、掃除が手間だったり、シンクを清潔に保てないとお悩みではありませんか?

今回は時短アドバイザーがオススメする、お手入れがとてもラクになる生ゴミ入れをご紹介します。

 

三角コーナーより快適!「ヌルヌルしない生ゴミ入れ」

三角コーナーの代わりに私が使っているのはこちらの写真の容器です。

深さのある、砂糖などを入れる保存容器です。

いつも蛇口の横に置いています。

使う時には、ビニール袋をかけます。

三角コーナーに対して名づけるならば「ドライポイポイ」といったところでしょうか。

 

メリット

ドライポイポイの最大のメリットは、生ゴミを水で濡らさずに、乾いたままで、手元でポイポイ捨てられることです。

 

三角コーナーの代わりに活用されているモノの例として、このような方法があるかと思います。

  • 生ゴミ用スタンド
  • 使い捨てできる自立式袋
  • 袋をそのまま手元に置く
  • 袋を腰元のフックにかける

 

このような方法に対してドライポイポイのメリットはこちらです。

  • 四角形の口に袋をかけやすい
  • 袋の形が崩れないからゴミを入れやすい
  • ゴミの多少に関わらず安定する
  • 手元に捨てられるから床が汚れない

何てことのない四角形の容器ですが、実はとても使いやすいことがお分りいただけましたか?

 

デメリットと対策

ただ、ひとつだけデメリットがあります。

底面がカビやすい、ということです。

水回りなので、おきっぱなしだと水がはねて濡れてしまいます。

 

そこで、私がしている対策がこちらです。

毎食、後片付けのたびにゴミ袋を捨てて、容器をふせて底面を乾燥させておく

下の写真の状態にします。

{739CC090-2C80-4C4F-B551-DDC6A08DE845}

 

これが習慣になると、いつも生ゴミが視界に入らなくてスッキリ気持ちがいいですし、カビが生えないので容器のお手入れはほとんど必要ありません。

「汚れ物を入れるゴミ箱」というよりも「袋を支えてくれる頼れる壁」という存在です。

ヌルヌルの三角コーナーや流しのお手入れにお困りの方はぜひお試しください。

 

 

初心者でも短期で手際良くお料理上手に!

育休&ワーママのゆとりが叶う時短料理教室【すまーときっちん】佐藤智実でした。

 

ご登録で、残り野菜が5分でおいしくなる時短レシピプレゼント中

友だち追加

 

 

すまーときっちんの「動画・オンラインメニュー」にはこちらがございます。