時短レシピ 簡単1分で子どもの朝ごはん!働くママに人気「オープンおにぎり」

「時短料理」を仕組みから整えて、働くママのゆとりを叶える、時短アドバイザーの佐藤智実です。

 

時短講座お料理教室にお越しのママさんたちから

「お子どもが朝ごはんをあまり食べてくれなくて、、」

「結局食パンやバナナをあげて終わりになっちゃいます。」

そんなお悩みの声をよくお聞ききします。

 

忙しい朝に頑張って作っても、残されたら悲しくなってしまいますよね。

でも、栄養のあるものを食べて欲しいなと思うのも、母心。

 

そこで今回は、

  • 時短!朝1分で作れる
  • 包丁なしでラク
  • 幼児も食べやすい
  • 和食なのに子どもも喜ぶ
  • 栄養バランスgood

 

こんな5つのメリットが揃った、朝ごはんにおすすめの手軽な時短レシピをご紹介します。

忙しいママの時短レシピ│1分で子どもの朝ごはん「簡単!オープンおにぎり」

それは、こちらの海苔ごはん

海苔の上にごはんと具材をのせただけ!

 

名付けて

簡単!オープンおにぎり

 

パッと見ただけでも手軽さが伝わるかと思いますが、より子どもが食べやすく、時短で準備できる3つのコツを詳しくお伝えします。

子どもが食べやすく・時短で準備できる3つのコツ

1)海苔は切っておく

あらかじめ四つ切りにして、サイズの合った保存容器に入れておくと便利です。

夕飯の時にもこのまま食卓にもっていき、納豆海苔巻きなどによく使います。

 

海苔チーズなどにも便利です。

(スライスチーズを海苔で挟んだもの)

小腹が空いた時のおやつに子どもたちが自分で用意して食べています。

カルシウムがたっぷりで、健康にもよいおやつですね。

 

2)ごはんは少量

「ちょっぴり」のせるのがポイント。

朝、まだ食欲が出ない時でも、子どもの小さな口に、パクッと入れたくなる

そのくらいの少量がオススメです。

大人でも、起きてすぐに大きな口を開けて食べるのは、エネルギーが必要ですよね。

小さな子どもなら、なおさらですね。

 

カワイイお口のサイズに合わせてあげる、少しの心遣いが、食べるスピードも上げてくれます。

童話の『北風と太陽』の太陽になったつもりで、忙しい朝ほど、ごはんは少量にしてあげてください。

 

3)具材はこぼれにくい量で
  • しらす、じゃこ
  • 梅干
  • 昆布
  • たらこ
  • 桜エビ
  • おかか

などお好みで。

ごはんの上に、ちょこんと乗せます。

胡麻で香りを足したり、おこわを乗せたりすることも。

子どもでも上手く巻けるように、

「こぼれにくい量」

にするとママのサポートなしでも上手に食べられます。

 

次に、このオープンおにぎりの5つのメリットを詳しくご紹介します。

オープンおにぎり5つのメリット

  1. 時短!朝1分で作れる
  2. 包丁なしでラク
  3. 幼児も食べやすい
  4. 和食なのに子どもも喜ぶ
  5. 栄養バランスgood

 

ひとつずつご紹介します。

 

1)時短!朝1分で作れる

海苔にごはんと具をポンっとのせるだけ。

この手軽さが何よりの魅力です。

 

ラップで「ミニおにぎり」にしても良いのですが、忙しい朝にはそれすらも大変で、貴重な時間を少しでも節約したいですよね。

2)包丁なしでラク

朝から包丁、まな板や道具を出して調理するのはとても手間ですよね。

何も道具を使わずに作れると、洗い物も少なくて済むので、大きな時短につながります。

 

また、お茶碗に入れたごはんと違って、食器へのこびりつきがないので、洗い物もサッと終わって、後片付けもラクです。

3)幼児も食べやすい

海苔のおかげで、小さなお子さんでも手がベタつかないのも、手づかみ食べの時期には嬉しいポイントです。

子どもの目線になっても、

「自分で巻くと、楽しくて食べたくなる」

というメリットも大きいものです。

 

4)和食なのに子どもも喜ぶ

自分の口にあったサイズなので、とても食べやすく、気に入ってくださるお子さんがとても多いです。

 

「ごはんよりパンがいい」

というお子さんの場合

手づかみできて、一口に入れやすいから

という理由はとても大きいように感じます。

 

パンと同じように食べやすい条件に揃えてあげるだけで、ごはんも好きになってくれるかもしれません。

 

また、お気に入りの具材を選ばせてあげるのも良い方法かもしれません。

お休みの日など、時間がたっぷりある時なら、バイキング形式にして、自分の好きな具材をのせて食べてもらうのも楽しいですね。

5)栄養バランスgood

『パン+ジャム』と比較して、

『ごはん+カルシウムやタンパク質』

に置き換えられるだけで、栄養バランスもグッと良くなりますね。

まとめ

忙しいママでも手軽に作れる「オープンおにぎり」いかがでしたか?

たった1分で、道具も使わずに作れたら、朝から「ごはん」を出すハードルも下がりそうですよね。

我が家では、この他に

  • 日替わりの卵料理
  • 果物や野菜を2種類ほど

を出しています。

卵料理は、子どもがあまり食べる気がなさそうな日は、

フォークにさしてパクッと食べるだけの卵焼きにするなど、とにかく口にも入れやすい形を意識しています。

 

  • 大きいものは、切ったり口を開ける気合いが必要
  • 細かすぎると、すくうのが大変

大人以上に、子どもはこんなところにも敏感だと感じます。

 

「朝はパンがいい!」

と言っていた我が家の子どもたちも、このオープンおにぎりのおかげで、今ではすっかりごはんがメインになりました。

(もちろんパンを楽しむ日も♪)

 

子ども目線だけど、ママも楽チンな朝ごはん。

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

朝食も夕食も、時短で笑顔で作れるように!手軽に続く下ごしらえ習慣を身に付けたい方にオススメです。

料理初心者さんがイチからお料理の基本を学べる、動画deお料理教室もございます。



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント