破れないプラスチック障子紙の簡単な張り替え方(貼り方)と子ども・ペットがいても安心の4つのメリット

子連れで通える時短講座とお料理教室「すまーときっちん」の佐藤智実です。

子どもやペットがいるご家庭では、障子が破れてしまうお悩みはありませんか?

我が家にも障子がありますが、子どもが赤ちゃんだった頃はビリビリに破かれてしまったり、大きくなってからもうっかり穴が空いてしまったり。

 

そんなご家庭にオススメなのが、『プラスチックの障子紙』です。

張り替えの作業の手間は通常の障子紙と変わりませんが、一度張り替えたらもう破れない!というのが嬉しいポイントです。

今回はプラスチック障子紙の詳しい張り替え手順と、2年間使ってみて実感したメリットをご紹介します。

破れないプラスチック障子紙の簡単な張り替え方(貼り方)と子ども・ペットがいても安心の4つのメリット

まずは張り替えに必要な準備や道具と、詳しい手順をご紹介します。

プラスチック障子紙の詳しい張り替え手順

【準備するもの】
  • プラスチック障子紙(障子1枚につき、1本)
  • 専用両面テープ(障子1枚につき、1巻)
  • 紙やすり(#200前後)
  • 水のスプレー
  • 要らない布
  • 定規
  • カッター
  • 新聞紙

いずれものホームセンターで揃います。

私はamazonやホームセンターのコメリで購入しました。

 

【手順】
1)古い障子紙をはがす

新聞紙を敷き、障子の枠に水を吹きかけます。

5分放置すると、のりが緩んで障子紙をペラリと剥がせます。

2)余分な紙や糊を取り除く

少しだけ残った紙や糊のねばつきを、要らない布や定規を使って、削ったりふき取ったりします。

 

3)紙やすりで滑らかにする

2)の作業のあと、しばらく放置して木枠をしっかりと乾かします。

水分がなくなったら、カットしたやすりで、木枠を滑らかに整えます。

これにより、テープの密着力が上がります。

 

4)テープを貼る

障子上側で、障子紙を仮留めします。

(セロテープやマスキングテープでOK)

専用両面テープを障子の縦方向に貼り、保護紙をはがします。

次に、横方向に両面テープを貼り、保護紙をはがします。

これで、全体に両面テープが貼れました。

 

5)障子紙を張る

仮留めした障子の上方向から、クルクルと広げながら貼り付けます。

この時、まず全体に紙を広げてしまってから、障子の中央から外に向かって、テープに密着させるようにすると、シワになりにくいです。

 

6)余分な紙をカットする

定規をあてながら、余分な紙をカッターでカットします。

 

完成です!

 

所要時間は、2枚で2時間みておくと余裕があります。

乾燥を待つ時間などがあるので長めにとっていますが、実質、1枚にかかる時間は30分ほどかと思います。

 

プラスチックの障子紙、2年前から使用していて、今回は高い場所にあった残りの障子の張り替えでした。

 

次に、2年間使ってみて実感する、プラスチック障子紙の4つのメリットをご紹介します。

プラスチック障子紙の4つのメリット

1 )とにかく破れない

子連れお料理教室の一部は自宅開催なので、小さなお子様もいらっしゃいますが、全く破れる心配もなくお客様にも安心してお過ごしいただけています。

 

2 )明るい

UVカットのものが多いようですが、自然な白色ながらも明るいので部屋が、少し明るく感じます。

かといって、不自然な白色ではないので、通常の紙の障子紙と比較して、

  • 安っぽい
  • 浮いて見える

などの不満を感じることはありませんでした。

 

3 )結露しない

通気性を心配していましたが、北陸の湿度の高い冬場でも結露で濡れることも全くなく2度の冬を越しました。

ただ、環境によって異なるかと思いますので、ご自宅の一部で試してみるのも良いかと思います。

 

4 水拭きできる

もし、お子さんがお絵かきをしたり、汚してしまっても、水でお掃除できる仕様なので安心です。

 

これだけのメリットがあるのでお子さんやペットがいるご家庭にはとても良い選択かと思います。

障子の破れにお悩みの方、ぜひお試しください。

 

赤ちゃん連れでも安心の、個人宅で開催しているお料理教室3カ月コースはこちらです。

子連れ・お料理初心者のママさんを歓迎しております。

また、オンラインの時短講座などもございます。

 

 



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント