転勤族の妻・子育ての不自由さの中で得られたかけがえのないモノ

「時短料理」を土台から整えて、働くママのゆとりを叶える『すまーときっちん』の時短アドバイザー佐藤智実です。

 

生まれ育った東京から、初めて出て、金沢に引っ越してきて丸4年が経とうとしています。

 

全国転勤がある主人。

今年の異動は五分五分の可能性でしたが、金沢に残留が決まり、ホッと胸をなでおろしたところです。

 

東京から離れた当時。

今は小3になった長女が、年中の時でした。

今年は、次女が年中。

また同じタイミングで、別れの時が来るのかな、とドキドキしていました。

 

長女が東京で、年長になれることなく、保育園最後の日を去った日のことは、今でも忘れられません。

 

4年間通った、大好きな大好きな保育園。

みんなとお別れをして、家へ向かって歩きながら、長女が瞳いっぱいに涙を浮かべて言った ひとこと。

 

「ママ、どうして引っ越さなくちゃいけないの?」

 

私は何も言えなくて、ただひたすらに、2人で泣きじゃくりながら家まで帰りました。

 

別れはとても切なかったですし、このシーンをきっと一生忘れることはありません。

こんな想いさせてごめんね、という気持ちにもなりました。

 

けれど、

金沢に来てあっという間に、新しいお友達が出来て、娘たちの新しい世界が

どんどん広がっていきました。

 

東京では出逢えなかった、食べ物や自然にも、家族揃ってあっという間に魅了されました。

 

私自身も、地元にいたらきっと踏み出せなかった一歩を、転勤したおかげで踏み出せて、やりがいのある仕事をスタートすることができました。

東京に居続けたら、きっと今の自分にはなれなかったと思います。

 

地方暮らしの心地よさにも、すっかり目覚めてしまい、老後の住まいは地方がいいね、と主人と語り合うほどに。

 

転勤族って不自由だな

これから先の、仕事や住宅、子どもたちのことを考えると、もちろんそう思うこともたくさんたくさんあります。

 

けれど、こんな風に予想していなかった世界に連れていってくれる。

そんなメリットを体感しています。

また、この1年、

今年で最後かもしれない

そう覚悟して、後悔のないように過ごしてきました。

 

けれど、いざ、

「本当に転勤になりそう」

と聞いた時、仕事でもプライベートでも、まだまだやり残したことがあると感じる自分がいました。

 

あと1年の猶予がある。

今あらためて、そのありがたさを噛み締めています。

 

ずっと前から、レッスンや講座を楽しみに待っていてくださったお客様に、お伝えできる喜び。

もっともっと一緒に成長していきたい、友達・仲間と語り合う時間を持てること。

 

金沢の人たちとも、いよいよあと1年でお別れすることになるんだろうなと思うと、切ないです。

 

でも、

「あと1年もある」

という気持ちの方が強くなってきました。

 

1年という、長そうで短い単位で、

「終わってしまうかもしれない」

と緊張感を持てることで、目の前の人のと時間を、より一層大切に感じられるようになっています。

当たり前ではない。

ずっと続くわけではない。

 

こんな風に「今を大切に生きる」という新鮮な感覚をくれる「転勤族」という不自由なシステムに、感謝も感じています。

今年お別れしなかったから、言えるセリフかもしれませんが。笑

 

北陸・金沢の皆さん、あと1年、どうぞよろしくお願いいたします。

 

これで安心して春からの講座・レッスンの募集をスタートできます。

春の開催予定が出ましたので、こちらからご覧ください。

全国どこでもご受講いただける、オンライン講座も臨時募集中です。



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント