料理初心者でも手際良く、段取り上手になれる3つのコツ

ワーママもラクチン!今年こそ料理下手をサクッと克服

時短料理教室「すまーときっちん」の時短アドバイザーの佐藤智実です。

 

「テレビの料理番組のように、同時に2~3品を手際よく作れたら!」

と理想を描くけれども、

「実際にはキッチンがグチャグチャ、何を作っているかよくわからなくなる」

というお悩みはありませんか?

 

いろいろ工夫しても、同じ作業を何度も繰り返したり、上手く進めなくてイライラしたりすること、ありますよね。

 

そこで今回は、お料理初心者でも、手際良く、段取り上手に料理できる、3つのポイントをご紹介します。

 

料理初心者でも手際良く、段取り上手になれる3つのコツ

1)サッと取り出せるようにキッチン道具を収める

 

探し物をする時、お料理の手は、完全にストップしてしまい、大幅な時間ロスになります。

 

このロス時間をなくすために

使っていない道具は、キッチンに置かないようにします。

 

また、道具を出し入れする際のムダな動きを減らすためにも、本当に使うものだけを、取り出しやすく収めることがオススメです。

 

2)レシピの段取りをしっかりと頭に入れる

 

料理教室の講師をしていても、初めてのレシピは、スムーズに作ることができません。

 

⚫︎どのような流れで

⚫︎どのポイントが肝になるか

をしっかり頭に入れから、作り始めることが大切です。

 

そして、繰り返し同じレシピで作ることで、

⚫︎外せないポイント

⚫︎適当で良い作業

の判断ができるようになれば、手の動きと心に、余裕ができるようになります。

 

おすすめは、一度気に入ったレシピを3回作り続けることです。

 

毎回レシピ検索を繰り返すだけでは、なかなか自分のものになりません。

「私のお気に入り定番レシピ」

を一度身に付けると、格段にお料理のスピードが上がります。

 

3)その作業にかかる時間を知る

 

この3つめができると、ようやく、お料理を同時並行できる余裕が生まれます。

 

②で段取りを頭に入れたことで生まれた隙間の時間に

「このくらいの簡単な作業ならできるかな」

と見当をつけられと、2品並行して作れるようになります。

 

正確に◯分、と計らなくても

「これは途中でタイマーが鳴ったら、手を休めても問題ない作業」

「これは確実に5分集中したいから、他の作業が落ち着いてからスタートしよう」

と判断できれば、落ち着いて、効率良く作ることができます。

 

 

まとめ

「段取りが悪い」

とお悩みの方は、この3つのポイントをすべて飛ばして、慌てて同時調理することを目的にしてお料理をスタートしてしまいがちです。

 

でも、まず大切なのは

1)サッと取り出せるようにキッチン道具を収める

2)レシピの段取りをしっかりと頭に入れる

3)その作業にかかる時間を知る

をひとつずつ整えていくことです。

 

例えば、一流シェフであったとしても

⚫︎何がどこにあるかわからない乱れたキッチンで

⚫︎初めての複雑なレシピを

サラリと何品も同時につくることができないのと同じです。

段取り良くお料理するためには、【急がば回れ】です。

 

まずは、

「キッチン環境」と「頭の中」

を整えておくことで、手際よくスピーディーにお料理することが叶います。

 

ぜひ、1から順にお試しください。

「時短料理」を土台から整えて、働くママのゆとりを叶える、時短アドバイザーの佐藤智実でした。

 

キッチンをスピーディーにお料理できる環境に整えて、心軽やかに楽しくお料理しませんか?

短期間で時短とお料理上手、両方身につく3か月コースの詳細はこちらです↓