皮ごと簡単!いちじくジャムの作り方レシピ

これなら続く時短術で「おいしいね」が聞こえる笑顔の食卓へ

時短料理教室【すまーときっちん】の食いしん坊時短アドバイザー佐藤智実です。

 

夏から秋に旬を迎える「いちじく」。

トロッととろける果肉とプチプチの食感が美味しいですよね!

(個人的に1番好きな果物です)

 

生のままでももちろん美味しいですが、「ジャム」にすれば、いちじく特有の上品な香りとプチプチトローリ食感を、長く楽しめます。

 

ジャム作りは手間暇かかるイメージですが、

いちじくジャムは「皮ごと」ザクザク切って、煮込むだけ!

私もはじめは「面倒かな?」と不安でしたが、実はとっても手軽に作れるので、すっかりハマってしまい、秋の恒例となりました。

 

そんなお手軽なのに絶品!の自慢の「いちじくジャムレシピ」をご紹介します。

 

 

皮ごと簡単!いちじくジャムの作り方レシピ

材料(ジャム瓶3つ分)

  • イチヂク800g
  • 砂糖140g(イチジクの18%)
  • レモン汁大さじ1.5

 

作り方

1)洗って、ヘタを切り落とす

皮は丸ごと使います。

 

2)皮ごとカットして鍋に入れる

サイズはお好みですが、1.5cm角くらいがおすすめです。

 

3)砂糖をまぶして10~30分おく

浸透圧で水分が出てきて、焦げずに煮詰めやすいです。

 

4)レモン汁を加えて中火~弱火で煮る

アクがたくさん出てくるので、すくい取ります。

はじめは中火で、水分が減ってきたら弱火にして、たまにかき混ぜてください。

アクをすくったり、混ぜたりするのに、こちらの「無印良品のシリコン調理スプーン」が、とっても便利でオススメです。

 

5)瓶を煮沸消毒する

我が家では、パスタ鍋を活用して、煮沸後は網ごとすくい上げています。

熱いうちに逆さにして水気を切り、水滴を蒸発させてください。

 

6)瓶に詰める

煮詰まるのに小1時間かかります。

好みのトロミになったら、煮沸消毒した瓶に入れて、熱々のうちに蓋をします。

 

冷めたら蓋をして冷蔵庫で保存します。

冷蔵庫で3ヶ月ほど保存できます。

 

いちじくジャムのおすすめの食べ方アレンジ

⚫︎ヨーグルトにかけて

1番手軽な食べ方ですね。

いちじくのプチプチ感が際立ちます。

⚫︎バニラアイスにのせて

贅沢すぎる食べ方で、お気に入りです。いちじくの上品な香りが楽しめます。

 

⚫︎食パンにのせて

おいしい厚切り食パンをしっかり焼いて、バター&いちじくジャムをたっぷりと!パンの食感とのコントラストが最高です。

その他、あっさりめのパウンドケーキ、シフォンケーキに添えても、美しいですね。

 

子どもと作れる簡単ジャム

昨年、6歳と10歳の娘たちと作った、いちじくジャム。

 

どれも簡単な作業ばかりなので、ほとんど子どもたちに任せられました。

  • いちじくを洗う
  • いちじくを切る
  • 砂糖、レモン汁を計る
  • 混ぜる

 

私の仕事は、見守ることと、味見をやめさせることくらいでした。笑

(ひとつ切るたびに、パクリ♡が止まらない2人+私)

 

いちじくの甘くて贅沢な香りが部屋いっぱいに広がる中、子どもたちと一緒にキッチンに立つ時間に、幸せを感じます。

秋の歓びを五感で味わえる幸せ。

 

ジャムづくりって、

「切って、煮るだけ」

と手軽なのに、ゆったり流れる時間を味わえる、充実感とお得感が、すごく好きです。

 

まだジャムづくりしたことない方も、ぜひお気軽に試してみてくださいね。

キッチンに広がる香りと豊かな時間の幸福感に、きっとハマることと思います。

 

今年もそろそろ加工用いちじくをGetして作る時季がやってきました。

秋の3ヶ月コースのお客様たちにデザートとしてお出しして、喜んでいただけたらなと思っています。

 

(蛇足)いちじく好きの告白

東京から転勤で金沢に行ってから、手軽にいちじくが手に入るようになり、ジャムを作らずに秋を迎えられなくなりました。

(今年はもう我慢できないので、石川からお取り寄せします!)

 

イチジクは、生のままでも魅惑の味で

  • イチジクロール
  • イチジクケーキ
  • イチジクパフェ

見つけたら、絶対に注文してしまうほど。「ドライいちじく」にも目がありません。

もはや、愛しています。笑

 

いちじく好きの簡単レシピ(手作りジャム・サラダ・パフェ)

 

皆さんもぜひ今だけの秋の味、堪能してくださいね。

 

すまーときっちんのLINEでは、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

ご登録で「残り野菜が5分でおいしくなる!時短レシピ」プレゼント中

友だち追加