いちじく好きの簡単レシピ(手作りジャム・サラダ・パフェ)

味覚の秋は、おいしい果物の宝庫。

みずみずしさを味わえる、幸せな季節ですね。

中でも、個人的に愛してやまないフルーツが「無花果(いちじく)」です。

そのままかぶり付くのももちろん美味しいですが、いちじくの魅力を存分に味わえる、おすすめの簡単レシピをご紹介します。

いちじく好きの簡単レシピ(手作りジャム・サラダ・パフェ)

 

いちじくジャム

ジャムづくりは手間がかかると思われる方もいらっしゃると思いますが、実はいちじくジャムなら、「皮ごと」使えるので、ザクザク刻んで、煮込むだけ!

とても手軽に作ることができます。

いちじくジャムの簡単レシピはこちらをご覧ください↓

完成したジャムは、冷蔵庫で3ヶ月ほどは持ちますので、ヨーグルトやアイスにかけたり、パンにたっぷり塗って、長く楽しめます。

石川県は、いちじく農家さんがあるので、加工用のいちじくを箱などでまとめ買いすることができて、とってもリーズナブルにジャムを作れます。

いちじく&ジャム作り好きには、本当にありがたい環境です。

いちじくサラダ

ちょっとおしゃれに見える「いちじくのサラダ」。

実は、いちじくをカットして、生ハムとクリームチーズを合わせただけの、とても簡単なお料理です。

ブルーチーズでも美味しかったです。

 

盛り付けのコツは、

まず、カットしたいちじくを散らしたあと、生ハムをレースのようにフワリと乗せます。

最後に角切りしたチーズを点々と散らせば、バランスよく盛り付けられますよ。

 

今年はお友達の知り合いの農家さんから、「黒いちじく」を分けていただきましたが、これがまた絶品!

チーズとの相性抜群で、来年もぜひいただきたい逸品でした。(転勤で北陸にいなくても、お取り寄せをお願いしたいほどです)

↑どちらの写真も、左側が黒いちじく。

果肉がギュッとしっかりしていて、ベリーのような強くて存在感のある香りと味わいが特徴です。

 

いちじくパフェ

いちじくパフェは、おしゃれなカフェや専門店で、と思っていませんか?

実はご家庭にある材料をグラスに入れるだけで、簡単に作ることができます。

 

この日は、上でもご紹介した「いちじくジャム」と「2種のいちじく」があったので、とても豪華なパフェになりましたが、

  • バニラアイス
  • ヨーグルト
  • グラノーラ
  • いちじく

だけでも、充分素敵な手作りパフェができます。お子さんと一緒に作ると、楽しめるかと思います。

我が家でも、子どもたちが好きなグラスに思い思いに盛り付けて、「わたしのパフェ~♡」と喜んでいました。

細長いグラスがなくても、可愛らしいスープボウルに盛り付けてもいいですね。

 

 

まとめ

独特の香り豊かでプチプチ食感が魅力の「いちじく」。

手をかけなくても、色々な楽しみ方ができますね。

ぜひ、美味しいいちじくが手に入ったら、お試しください。

実は毎年秋になると、Facebookでは毎週のようにいちじくの投稿ばかりしております。笑

「ともみん先生は、本当にいちじくが好きですよね!」とお客様から言われたのですが、ブログではほとんど書いていないな〜と思い、このようにまとめてご紹介させていただきました。

こちらには「いちじく愛」は、大分テンション控えめに書かせていただきましたが、ドライフルーツのいちじくも大好きで、お友達からプレゼントしてもらうたびに、笑顔が止まりません。

大好物があると、その季節が巡ってくるのがますます楽しみになって、幸せなことだなと感じています。

ぜひあなたも、いちじくの魅惑的なおいしさの虜に。笑

 

【残席1】12月3日(火)ふっくらジューシハンバーグレッスン

家族みんなが大好きなハンバーグを、いつでも安定してふっくらジューシーに仕上げる自信がつく単発レッスンです。

【こんな方にオススメ】



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント