モノに支配される暮らしから、モノと対等な暮らしへ

家の中から要らないモノがなくなったら手に入ったのは、モノとの「対等な関係」でした。

10年前の私は、モノに「支配」されていました。

お恥ずかしながら、かなりのストック王だった時期です。

例えば調味料は、廊下収納に醤油・みりんなどが2~3本ずつありました。

でも、どの在庫があったか不安になり、結局また買ってしまい、いつも賞味期限を管理することに疲れていました。

モノを管理できておらず、完全に「モノが主役」になっていました。

「もっとシンプルにラクに暮らしたい」

そう思い始めてから、10年がかりで不要なモノを減らし、ここ1~2年でようやく、快適な量になってきました。

そして、昨日・おととい。

「もっと、今の暮らしを好きになりたい」

そう想い立って、2日間かけて、家の隅々まで、整理・メンテナンスをじっくりと行いました。

年に数回整理をしているにも関わらず、要らないモノはゴミ袋3袋も出ました。

今回のお片付けのテーマは、こちらの3つでした。

⚫︎隅々まで見直し、古いモノは手入れ・新調

⚫︎紙類・小物も丁寧に整理

⚫︎取り出しやすい収納に改善

おかげでこの2日間で、主人や子どものモノを含めて家中のほとんどすべてのモノに、「自分の手で触れる」ことができました。

そして初めて、「家の中の全貌」をつかめた気がしました。

モノに支配されていた、昔。

モノと対等な関係の、今。

 

10年かけてようやく、

「モノを使いこなしている」という感覚に近付いてきたなと感じます。

モノをたくさん所有していた時は、不安感やイライラばかりでした。

いくらあっても満足感が得られない、不思議な状態でした。

 

一方で、本当に暮らしに必要な最低限のモノだけを管理する生活は、安らぎがあり、モノが愛しくなる、対等な心地よい関係でした。

 

人も暮らしも、毎日変化していくものだから。

その時々の、自分と家族に必要なモノだけを、きちんと選び取れるチカラが、心地よい空間と時間を運んでくれるのでしょうね。

あなたはモノと、どんな関係ですか?

 

時間・空間・ココロにゆとりを生み出す、キッチンのお片付け・掃除のコツが身につきます。

子連れOK初心者向け 北陸石川県金沢市の時短講座とお料理教室 すまーときっちん
子連れで通える 金沢市の時短講座とお料理教室


金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント