料理が苦痛だと感じる人に読んで欲しい本「料理が苦手だ」本多理恵子著(自由国民社)

「料理が苦痛だ」「もうキッチンに立ちたくない」と感じる方に読んでいただきたい、おすすめの本をご紹介します。

「料理の呪縛から解放されること」を目的にお料理教室などをされているという、本多理恵子さんが書かれた本です。

「料理が苦手だ」

本多理恵子著(自由国民社)

以下、抜粋です。

「料理は『愛情』」。本当にそうだろうか?

「作り続ける料理」「考え続ける献立」は、「愛情」の前に「日常」だ。

それは常に頭から離れない毎日の仕事。

タイムカードを押しても終わらないし、同僚と愚痴を言って気晴らしすらできない。

当然希望を出しても配置転換も叶わず、ボーナスや有休もない。

料理とは「愛情」の前に、たった一人で毎日直面している「日常」だ。

(中略)

自分が追い込まれ、自分が壊れていくとしても、料理を作り続けるしかないのだろうか。

(抜粋ここまで)

この著者は、この後、キッチンに立つのが本当に辛いと感じたら、「勇気をもって、しばらくお料理することから離れる」という提案を続けています。

私もそれは、大いにアリの選択肢だと思います。

疲れた時は、外食や惣菜、何にだって頼れますから、まずはお料理と距離を置いて、自分の心にやる気らしきものが蘇るのを待つ時間を大切にするのはオススメです。

ママの心が元気であること以上に必要な「愛情手作りごはん」なんて存在しないですよね。

お料理の「~ねばならない」から解放されるきっかけになるヒントが書いてあり、「お料理がしんどい」と感じている方の心が、少し軽くなる本かなと思います。

また、この本を読んで、お料理は綺麗事だけでは済まされない、女性にとっての生々しい日常であり、避けては通れないものだと、あらためて感じ、この著者の考え方に共感しながら読み進めました。

「すまーときっちん」の時短講座や初心者向けお料理教室でも、目指しているのは、オシャレなお料理や、レパートリーを増やすだけのレッスンではありません。

お料理が苦痛・苦手と感じるママが、キッチンに立つのがラクになる「根本的な解決方法」をお伝えして、心が軽く、人生まで軽やかになる

そんな方法をお伝えすることで

  • リアルにわかる
  • すぐに取り入れられる

の感覚をつかんでいただきたいと願って活動しています。

レパートリーがいくら増えても、

お料理が苦痛・苦手

のお悩みは解決しないけれど、

  • お料理のキホンがわかる
  • 段取りがわかる
  • 効率良く作れる
  • ラクにできる

そんな成功体験を積み重ねていくことで、あなたのキッチンタイムが、少しずつ楽しくなっていくお手伝いをさせていただきます。

時短とお料理上手、両方身につく3ヶ月Basicコース

9月からの秋コースは締め切り間近です!

 

ごはん作りのイライラとさようなら!夕方が自由時間になる「下ごしらえ講座」

 



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント