カワイイおしゃれなおすすめ保冷バックとエコバッグを活用した買物時短術

これなら続く時短術で「おいしいね」が聞こえる笑顔の食卓『すまーときっちん』の時短アドバイザー佐藤智実です。

 

暑い夏のお買い物で、お家に帰る時に、食材が悪くならないかドキドキ心配することはありませんか?

こんな時、保冷力があって丈夫で持ちやすいショッピングバックがあると安心で便利ですよね。

 

今回は時短アドバイザーおすすめの保冷バッグと、サッと時短でお買い物できるコツをご紹介します。

 

可愛いオススメの使いやすい保冷お買物バッグ

おすすめの保冷エコバッグ、こちらです。

Amazon SPICE保冷バッグバカンスパニエ

 

オススメのポイントは、ズバリこちらの5つです!

 

①生地が丈夫

素材が薄くてヘナヘナする生地もありますが、こちらはしっかりした生地感で厚みがあるので、自立してくれます。

丈夫なので、重いものを入れても安心ですし、モノを入れる時にもヘタらないので扱いやすいです。

 

 

②持ちやすい

持ち手部分が幅広です。

重い荷物を入れても、肩にくいこみにくくて持ちやすく、丈夫で安定感があります。

スーパーでの買物はもちろん、子どものグッズなどの荷物が多い方には嬉しい機能ですね。

 

③保冷できる

内側がアルミ素材で、保冷に適しています。

ペラペラ感はなく、しっかりしています。

冷凍食品や生鮮のお肉・魚などを入れるのに安心です。

 

④大容量でカゴにピッタリ

スーパーの買物カゴにピッタリ収まるサイズです。

 

「大きすぎて収まりが悪い」

「小さすぎてカゴの長さに足りない」

ということがありますが、ジャストサイズなので、スーパーのレジで入れてもらうのも気兼ねなくお願いできます。

 

個人的には、食材を袋詰めするのがとても時間がかかるし、面倒でキライです(笑)

自分で食材をビニール袋に入れ替える必要がなくなると、5分以上の時短になりますし、何よりスムーズにお買物が済ませられるので気分がラクになります

 

⑤おしゃれな見た目

(写真は小1の娘です)

遠目に見ると「カゴなのかな?」と思うオシャレなデザインです。

アウトドアに持って行くのにピッタリなので、スーパーのお買い物以外にも活躍の幅が広がります。

 

 

このように使いやすい保冷お買物バッグがあるだけで、お買物のストレスが減りますが、時短アドバイザーの私がさらにやっている買物を時短する工夫をご紹介します。

 

エコバッグを活用した買物時短術

皆さんは、お買物から帰って、冷蔵庫に食材を収める時に

「あー面倒だな!」

と思いませんか?

私は思います、毎回。(笑)

 

キライな作業のひとつなので、少しでも効率化したい!

けれど、

定位置に使いやすく収める」ことで、1週間の食事作りが格段にラクになるので、適当にグチャグチャに入れることは絶対にしません。

 

そこで、

【迷わずにサッと冷蔵庫に収められる工夫】

をスーパーで買い物する時からスタートしています。

 

前提として、カゴ1〜2つ分、たくさん買物をする時に使えるワザです。

 

まず、買物カートの上下にカゴを置きます

 

  • 下の段

→A)冷蔵・冷凍品

 

  • 上の段

→B)野菜・常温品

とマイルールを決めます。

 

買物するモノを、そのルールに合わせてカゴに入れていきます。

 

レジではカゴごとにバッグに詰めてもらいます。

A)冷蔵庫・冷凍品のカゴ

→保冷エコバックに

 

B)常温・野菜のカゴ

→他の買物バッグに

 

帰宅したら、まずは

A)を冷蔵庫・冷凍庫にドンドン入れていきます。

これで、冷たい食材を素早く収めることができます。

 

B)の野菜や常温品は、それほど慌てて収めなくても大丈夫なので、

野菜を長持ちするように簡単な処理をして、使いやすい状態で収めていきます。

 

このように、あらかじめグループを分けておくことで、冷蔵庫の前で仕分けせずに済むので、あっという間に収めることができて、買物の負担がグッと減ります。

 

使いやすいカワイイ便利グッズと、ちょっとの時短のワザで、ぜひ毎日のお買い物をもっと快適にお過ごしください。

 

すまーときっちんのLINEでは、暮らしに役立つ情報をお届けしています。

ご登録で、残り野菜が5分でおいしくなる時短レシピプレゼント中

友だち追加