【冷凍庫収納】探し物・リバウンドしない整理のコツ

今年こそ料理下手を克服!ワーママもラクチン【時短料理教室すまーときっちん】時短アドバイザーの佐藤智実です。

 

冷凍庫は、冷たさを保つために、いつまでも開けているわけにもいかず、整理や掃除が後回しになりがちな場所ですよね。

 

しかも、

何ヶ月経っても腐ることはない…

と油断して、ついつい、要らないものを放置してしまう場所でもあります。

 

そんなついつい放置してパンパンぐちゃぐちゃになりがちな冷凍庫を、探しやすく、リバウンドしないように片付けるコツをご紹介します。

 

【冷凍庫収納】探し物・リバウンドしないお片付けのコツ

探し物がなく、リバウンドしない冷凍庫収納のポイントはズバリ

「仲間を集めること」です。

 

似たような仲間を集めて、収めるエリアを決めてあげるメリットは

  • まとまりがあって整頓される
  • そのエリアだけ探せば済む
  • 収める時に迷わない

などがあります。

 

私たちは

見えるから、そこにあるとわかる

見えないと忘れてしまう生き物。

なんだそうです。

 

仲間分けせずにグチャグチャに混ざっていると、

  • 何が
  • どこに
  • どれくらい

あるのか、わかりにくく、すぐにグチャグチャになってしまいますよね。

 

スライド式収納は、

上から見てパッと全体が見渡せるのが特長です。

 

冷凍庫で、この特長を活かして

仲間ごとに集めて収納すれば、

 

一瞬で見つかり、サッと取り出せるので、使いやすくなり、

溶けたり、霜がつくのを防げるため、最後まで美味しく保存できます。

 

 

仲間を集めるだけではスッキリしない方には

スケルトン冷凍庫づくりをおすすめしています。

 

我が家の冷凍庫を

「スケルトンハウス」と称して、

パッとみただけで、どこに何があるかわかる冷凍庫の作り方を、詳しくご紹介しています。

 

あなたの冷凍庫は、

【地層】のように深いところに食品が追いやられていませんか?

 

見えないと、使う機会を逃してしまい、いつまでも放置していると美味しくなくなってしまいます。

 

冷凍庫講座ご受講の皆さんから、こんなお声をいただきました。

  • うちの冷凍庫は、モノが多すぎ&突っ込んでるだけで、食材が2階建て、3階建てになっています、、スケルトン目指します!
  • これまでの冷凍庫は恥ずかしすぎて見せられませんでしたが、本当に使うものだけを、コツに従って整理したらめちゃめちゃスッキリしました!

 

見晴らしの良い

一目でわかる、

スケルトンな冷凍庫。

 

しかも中身は、すぐに役立つ、今夜使いたくなるおかずや食材ばかり。

そんな冷凍庫作りが【動画de冷凍庫講座】なら、動画を見るだけで叶います。

 

あなたもこんなスッキリ冷凍庫が作れるようになります↓