子連れホタル観賞を楽しむ3つのコツ【石川・金沢】

もうすぐホタルの季節がやってきますね。

「子どもと一緒に自然の光を楽しみたいけれど、どんなことに注意したらいいのかな?」

そんな方の参考になればと思い、ホタル観賞を楽しむ3つのコツをご紹介します。

自然が身近な金沢に、東京から転勤で来て、昨年で3度目のホタル観賞を楽しんできました。そんな経験の中から実感した、3つのコツです。

子連れホタル観賞を楽しむ3つのコツ【石川・金沢】

①時間帯は20時半を狙う

20時を過ぎると、一気に光りだすホタルたち。

2時間ほど光るそうですが、20時半頃が一番活発に動いていて光りも大きく感じました。

きっと活発のピークの時間帯なんでしょうね。

21時をすぎると、活動が穏やかになるそうなので、光りも弱くなっていきます。

ぜひ、20時すぎの時間帯に見られるようにお出かけください。

②服装は長袖長ズボン

清流沿いや田んぼに住むホタル。

こんな環境では、夜風が想像以上に冷たく感じます。

ぜひ、1~2枚余分に、羽織るものを持って行ってください。

虫除けの意味でも長袖・長ズボンは必須です!

③到着は早めの20時前

たくさんのホタルを観賞できるのは、大抵が普段人が行かないような超穴場スポット。

車を停められるようなスペースが十分にないこともしばしば。

まだ周辺が明るい19時台に到着して、車が停められる場所を確保するのがオススメです。

また、明るいうちに足元の確認をしておくと、子連れでも安心ですね。

ホタル観賞のマナー

最後に、ホタル観賞のマナーについて

感じたことを。

車のライトや懐中電灯、スマホの灯りは、観賞している人にとっても、ホタルにとっても、とても刺激が強く、まぶしく感じます。

⚫︎車のライトはできるだけ早く消す

⚫︎懐中電灯は基本的には使わない

(歩く時の足元の確認など、最低限の使用にとどめる)

⚫︎スマホ画面は暗めの設定にする

このような配慮をして、お互いに気持ちよく観賞できればいいなと思います。

ちなみに我が家がこの3年間で観賞した場所はこちらの場所でした。

⚫︎金沢市の犀川沿い

⚫︎富山の田んぼ

⚫︎津幡市の田んぼ

どこもそれぞれに良さがあって、子どもたちと一緒に楽しませてもらいました。

たくさんの光りが田んぼの中で瞬いていると、イルミネーションかな?と錯覚するほど。

本当に美しい光景です。

娘たちは、ホタルがスカートに止まって光る姿に、大喜びでした。

忘れられない貴重な想い出です。

この美しい水や自然がある北陸の環境は、東京出身の私にとっては宝物だなと思います。

「きっと今年で見納めだね」

と話しながら、幻想的な風景と田んぼの香りを味わってきた1年前でしたが、今年もまた北陸で見られそうで嬉しいです。

3つのコツを踏まえて、ぜひお子さんと一緒にホタルの光を楽しんでみてください。

子連れで時短料理が身につく、時短講座初心者向けお料理教室の佐藤智実がお届けしました。



金沢市の子連れで通える
時短講座&初心者向け料理教室
時短アドバイザー 佐藤智実

  
友だち追加 ご登録で時短レシピプレゼント